「パスポート」と「ビザ」の関係

海外旅行でパスポートが必要な事は誰でも知っていると思いますが、ビザはどのような時に必要になるのでしょうか。
知っていますか!?そもそも「パスポート」と「ビザ」はどのように違うのでしょう!?この事について少し説明しましょう。
まず、パスポートを発行するのは、本人の国籍がある国と言うことです。
私達の場合は、日本政府が発行する公文書がパスポートと言うことになります。
それでは「ビザ」はと言うと、例えばアメリカに旅行に行く時について考えてみましょう。
日本を出る時、パスポートを持って行きますよね。
当然のことです。
そして、アメリカに入国する時にビザをもらいます。
分かりますよね。
言い換えると、つまり、ビザはアメリカ合衆国が発行すると言うことです。
パスポートは、日本人である事を日本政府が証明してくれるものです。
そして、ビザは、アメリカ合衆国があなたの入国を認めていると言うものになります。
(汗)。
※ただし、このビザの発行については原則として必要ですが、その国の事情に合わせて不要となる条件が規定されてもいます。
(笑顔)アメリカに短期の観光旅行の場合は、ビザは必要ないと言う規定があります。
また、ビザには、いくつかの種類があるようですね。
※ビザは、入国する時の目的に応じ発行されます。
観光の場合か、結婚なのかと言うことですね。
観光ビザで入国したのに、仕事をしている事が分かるとビザが取消されますよ。
(汗)