クレジットカード審査に落ちる人

クレジットカードの審査はカードローンの審査に比べて落ちる理由が少ないと言われます。
お金を実際に貸すカードローンに対し、商品の代金を一時的に立て替えるに過ぎないクレジットカードですから、審査を多少甘くしても問題はないと言えます。
しかし、落ちる人がいないわけではありません。
事情はどうあれ、金融事故を起こしたり自己破産等の法的手続きをした経験者は、クレジットカードを作ることができません。
これは一種の社会的な制裁であり逃れることができません。
クレジットカードを作る際に本人確認を徹底している理由の一つに、金融事故なの経験者が他人に成りすますことを防ぐこともあるのです。
このような人は、どんなクレジットカードの申込をしても決して通ることはありません。
審査に落ちた?クレジットカードの不合格の理由